前へ
次へ

世界で最も固い食べ物が日本にある

食べ物に関する色々な競争があります。
今は早食い、大食い競争が良く知られています。
フードファイターと呼ばれる人たちが参戦し、一般の人では考えられないような食べ方をします。
もし固いものを食べる競争があったらそれに勝つ人は物凄い歯や顎を持つ人になるのでしょう。
では固い食べ物にどんなものがあるかです。
日本であれば固焼きせんべいなどがあります。
もち米などで作られていて、なかなか割ることができません。
かりんとうも固い食べ物の一つになるでしょう。
世界にも固い食べ物がありますが、世界一固いとされる食べ物が実は日本にあります。
日本人がそれをどうやって食べているのか気になります。
世界一固い食べ物としては日本の鰹節が該当するようです。
その名の通り鰹を一旦蒸し、その後乾燥させて作ります。
水分を抜いていく過程で発酵が進み、独特のうまみ成分が凝縮されます。
通常そのまま食べることはできません。
木を削る道具として知られるカンナを使って削って出汁に使ったりします。

Page Top