前へ
次へ

未来の食は、現在とは違う予測されている内容とは

未来の食とは、現代人が驚く様な食の未来が予測されています。
その驚きは、古代の原始人が、現代の食事を見て驚かれるのと同じ内容かもしれません。
現在の研究の中には、動物の細胞を培養し、培養した肉を食材に扱う研究が行われています。
この研究の結果次第では、動物を殺生する必要性が無くなるでしょう。
動物愛護団体からは、特に奨励されている研究内容なのです。
口に入った食材とは、歯で細かく砕いた中で、消化液で更に細かく分解されます。
それは効率的では無いと考えている人もいるのです。
1日に必要な食材を全て粉末状にし、それを水に溶かして飲む姿も考えられています。
このメリットは、食材を運ぶ必要性が最小限に抑えられ、宇宙などに持ち運びやすい姿もあるでしょう。
ただし、顎や舌の退化を招く可能性もあり、議論の余地が残されている考え方です。
視覚からの情報は、食べる料理の味にも影響を与える場合もあるでしょう。
それをヒントに、VRを使った食事をする研究なども行われています。
未来においては、遠く離れた人と一緒に、食事をする日が訪れる可能性もあるでしょう。

Page Top